集中力の維持に

カウンセリング

従来のアレルギー性鼻炎である鼻水や鼻づまりなどは、主に食べ物から症状が出ることが多いとされていました。しかし、最近では植物や建築で使用される資材などによって症状が現れることがあります。改善するには、耳鼻科でしっかり検査を行ない治療を行なうことが大切です。

耳鼻科で適切な治療を

看護師

検査と治療法

鼻炎には、ウィルスや細菌の感染によるものの他に、アレルギー反応によるものがあります。アレルギー性鼻炎には、さらに、一年中症状がでる通年性と特定の季節のみに症状があらわれる季節性とにわかれます。通年性の場合、ダニやノミ、カビが原因となることが多いですが、ペットが原因のこともあります。季節性の場合は花粉が主な原因です。アレルゲンであるそれら物質が鼻に侵入してくると、身体で免疫反応が起こり、鼻が詰まったり、くしゃみや鼻水などの症状が出るようになります。アレルギー性鼻炎かもしれないと思ったら、すみやかに耳鼻科を受診しましょう。風邪ウィルスによる鼻炎などとは違い、放置して治ることはありません。耳鼻科では、まずはアレルギー性鼻炎かどうかを検査で確定します。問診の他、鼻水や血液の検査などを行います。これら検査でアレルギー性鼻炎と判明した場合は、次にアレルゲンの特定を行います。症状をおさえるためには、何が原因であるかを知ることが大切なためです。特異性IgE抗体検査や好酸球検査などを行い、問診の結果も考慮に入れて特定を行います。耳鼻科で行う治療には、薬物療法や減感作療法、手術療法があります。また室内をこまめに掃除するなどアレルゲンを除去することも大切です。薬物療法で用いられるものには抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤、ステロイド点鼻薬などがあり、症状のあらわれ方やその重症度などによっていくつかを組み合わせて処方されます。減感作療法は、極微量のアレルゲンを与えることによって長い時間をかけて少しずつ慣らし、アレルギー反応が起きにくくなるようにするというものです。手術では鼻粘膜を焼灼したり、鼻の神経を凍結したりといったものがあります。

耳鼻咽喉科で治療をする

医者と看護師

アレルギー性鼻炎の症状は、鼻水やくしゃみなどです。耳鼻咽喉科で経口薬や点鼻薬を用いた薬物治療や、レーザー手術を行うことで、辛い症状を緩和できます。レーザー手術では、鼻の粘膜を少し焼きますが、痛みはありません。

過敏に反応してしまう

医者

ハウスダストなどが原因で鼻炎を引き起こすことがあります。それを、アレルギー性鼻炎といいますが、この鼻炎は季節的なものでないため、年中悩まされることでしょう。症状がひどくなると苦しいので、直すためにも病院へ行って治療を受けた方がいいです。